速読方法 > 小説の速読法

小説の速読法

速読法最大の天敵ともいえるのが、小説です。
速読法において、唯一と言っても良い、その必要性を問われる本かと思います。
というのも、小説に関しては、個人的にも速読を必ずしも薦められないからです。

小説というのは、物語です。
物語を楽しむためには、いかにその物語に入り込むかというのが重要です。
主人公に感情移入したり、その世界観に浸ったり、小説の中にどれだけ入れ込めるかというのが、その本の価値と言っても過言ではありません。
そうなってくると、読書スピードも、その文の持つリズムや雰囲気によって、心地よい速度が決まってきたりします。
そこで無理に速読法を施行すると、小説の面白さを半減させてしまう恐れがあるのです。
いくら速く読めても、それでは速読法のメリットよりデメリットが浮き彫りになってしまうでしょう。

小説の速読というのは、できれば読み返す、つまり該当する本の二度目以降の読書の際に利用した方が良いでしょう。
既に内容を把握しており、何となく読み返したくなったという時に関しては、速読法は大いに役に立ちます。
例えば、また読みたい箇所がある、情報を整理したい、などという時には非常に有効です。

一番有効なのは、推理小説ですね。
推理小説の場合、解答編が終盤に盛り込まれている事が多いですよね。
一旦その手前で読むのを止め、自身が推理する場合、恐らくそこまでの文章を何度も読むことになるでしょう。
そこで、速読法は大きな効果を発揮します。