速読方法 > エッセイや伝記などの速読法

エッセイや伝記などの速読法

速読法において、最も苦労するタイプの本は、小説やエッセイです。
エッセイというのは、自身の経験や感想などを書き記した文章のことです。
自伝もこれに含まれます。
また、伝記も近いジャンルと言えるでしょう。

このエッセイというジャンルがなぜ速読法にとって難しい部類に入るのかというと、基本的にエッセイというのは読者が興味本位で読むものだからです。
簡単に言ってしまえば、没頭しやすいタイプの本なのです。
そういった本というのは、速読を行う上でやや難しい点が出てきます。

速読法というのは、ただ単に文を速く読むというだけでなく、自分にとってプラスとなる部分を抜き出し、その情報をしっかりと把握するという点において、大幅な時間短縮が行われます。
ですが、そういったどこか一箇所を抜き出すという作業が困難なエッセイに関しては、なかなか短縮できる部分が見つけにくく、またついついゆっくり読みがちになってしまいます。
どちらかというと、速読にはあまり向いていないかもしれません。

それでも効率よく読みたいという場合は、選別が重要です。
本の中の重要な箇所を抜き出すのではなく、本そのものの選別です。
そのエッセイは最後まで読む価値があるのか、流し読みの段階で判別する事で、読書時間の効率を上げる事ができます。
つまり、自分にはあっていないということをどれだけ速く気付けるかの勝負という事ですね。

エッセイというのは、筆者の思想がモロに現れます。
そこに共感できないと、読み進める上で苦痛に感じる事が多くなるでしょう。
ですから、本そのものの選別は、割と簡単です。