速読方法 > 情報誌や新聞などの速読法

情報誌や新聞などの速読法

速読法においては、「ある一部を必要とした読書」と「すべてを読破すべき読書」と「目的が曖昧な読書」、それぞれについて異なった速読法が必要となってきます。
その中にあって最も難しいのは、あるいは一番最後の「目的が曖昧な読書」の速読法なのかもしれません。
では、どういった本がその曖昧なものに該当するのでしょう。
例えば、情報誌などがそれに該当します。

情報誌というのは、総合的な情報を載せた本ですね。
写真も多いですが、文章も結構あるので、速読の範疇に入るかと思います。
あるいは、新聞に関してもそうですね。
新聞は本ではないですが、速読の対象としては間違いなく入ってくる媒体です。
この新聞も、自分にとって必要な内容かどうかがわからない状態で読んでいくのが普通かと思います。

こういった、曖昧なものを読んでいく場合の速読法というのは、自分に必要な情報を探すだけでも結構難しかったりしますよね。
また、自分にはあまり必要のない情報であっても、実際に読んでみたら面白かった、などという事もありえるわけで、簡単に捨てる事はできません。
そこで、大事になってくるのが、最初の数行を読み、そこで判断する能力です。
最初の記事を読んでみて、もしそこであまり興味を抱けないということが判明したら、その時点で次の記事にうつるという感じで読んでいくのが、一番好ましいでしょう。
というのも、新聞や情報誌というのは、同じ人がすべて書いているわけではありません。
ですので、興味のない記事が続いても、その媒体そのものを見切るというわけにはいきません。
記事単位で判断していく事が重要です。
同時に、最初の数行でその記事の底をある程度把握できなくてはなりません。

こういった情報発信を行う媒体は、読者に対して興味を引く為のギミックを仕掛けてくるのが常套手段です。
逆に言えば、そのギミックがないという事は、あまり考えて作っているだけではないという判断ができます。
そんなところも見逃さず、自分に合う記事かどうかを判断していくと、効率は上がってきます。