速読方法 > 流し読みの是非

流し読みの是非

速読法において、よくその是非を問われる技術があります。
それは流し読みです。
通常、流し読みというのは、あまり良しとはされません。
理由は単純で、内容をほとんど理解できない行為であり、時間の無駄と揶揄される事が多いからです。
では、実際に速読法においては流し読みは無駄な行為なのでしょうか?
答えは否。
速読法において、流し読みは結構重要だったりします。

流し読みというのは、簡単に言えばパラパラめくって拾い読みしていくというものです。
拾い読みと言っても、実際にはあまり内容は吟味しません。
基本的には、1ページを1~2秒、ざーっと流して読むという感じですね。
200ページの本を300秒、つまり5分で読む計算です。
しかし、1ページを2秒読んだからといって、何がわかるのでしょうか。
ここがポイントで、流し読みに見出す意味が大きく分かれるところでもあります。

流し読みがなぜ重要なのかというと、その1~2秒で判断できるものがあるからです。
それは、文体と文章の持つ雰囲気、そして項目です。
まず文体ですが、物語を読む上でこれは非常に重要です。
1人称なのか2人称なのか、癖があるのか、稚拙ではないのか、堅いのか、などの判断は、1ページ1秒でも十分可能です。

また、雰囲気に関しても、なんとなくの部分で感じる事ができます。
フィーリングが合うかどうかという次元の問題かもしれませんが、それも結構重要です。
項に関しては、主に専門書などの場合に考慮していく事になるでしょう。
目次だけでなく、実際にそのページを開いてみる事も重要です。

これらのことを5分で吟味するというのは、結構重要なのです。
というのも、この時点で見切りを付けられるからです。
自分にはあまりあわない、必要ないと判断できる本であれば、この5分で棚に戻す事ができます。
これもまた、速読のテクニックのひとつなのです。