速読方法 > 速読の今と昔

速読の今と昔

速読法というのは、だいぶ昔から確立していた技術です。
しかしその一方、習字などのような一定の知名度がある技術として確立しているわけではありません。
速読法というのは、まだ日常に使用するスキルのひとつ、あるいは特技といった形で認識されているのが一般的です。

そんな速読法ですが、知名度的にはそれほど大きな違いはないものの、その技術の形式、あるいは中身といったところは、今と昔ではかなり違います。
その時代時代に合った方法で教えられているようですね。

まず、数十年前の速読を分析してみましょう。
この頃の速読は、とにかくスピード重視でした。
本を早く読む事のみに焦点を置いていたといっても過言ではありません。
ある意味、速読み大会で優勝する為の技術といった感じだったのかも知れません。

それが欧米文化が取り入れられて以降、やや変化が現れました。
速読というのは、字を速く読むのではなく、イメージを素早く焼き付けることである、という考え方に変わったのです。
写真に取るように、映像としてのイメージを素早く脳に焼き付ける事で、理解を早めるといった技術です。
これにより、速読法は一気に進歩を見せました。

そして、今はここからさらに変化し、目的別の速読というものが生まれました。
ビジネス文章の速読、小説の速読、教科書の速読。
いずれも目的は違いますが、その目的の違いによって速読方法も変わりました。
例えば、教科書の場合は試験に出る部分を重点的に理解しつつ、速読して行くという感じです。
あらゆるものが多様化した今だからこそ、成り立つ技術と言えます。