速読方法 > 独学で速読を学ぼう

独学で速読を学ぼう

速読法を学ぶにあたり、コストを一切かけたくないという人もいるかと思います。
仕事に利用するのではなく、あくまで読書という趣味の範囲で速読法を利用したいという場合、その技術取得にそれほどコストをかけたくないのが人情というものですよね。
では、実際にコストをかけないで速読法を学ぶ事は必要なのでしょうか。

コストをかけないというのがどういうことかというと、すなわち教材や講師の方に頼らないという事です。
よって、必然的に独学で学ぶということになります。
そして、速読という技術が独学で学べるかというと...学べないとはいえない、といったところです。

まず最初に言えることは、かなり難しいという事です。
インターネットを利用してある程度知識を得ることはできます。
トレーニングの方法を知る事もできるでしょう。
しかし、実際に行って見て上手くいかなかった時、教えを請う相手がいないのは致命的です。
それで上手くいかずに止めてしまうという人が大半なのではないでしょうか。

もしそれなりに上手くこなせたとしても、急激に読書スピードが上がる前に辞めてしまうケースがほとんどでしょう。
というのも、独学の速読というのは、ゴールが見えないのです。
文庫本1冊30分で読めれば立派、という基準が速読法にはありますが、はっきり言って独学でそこまで辿り着くのは無理です。
よって、独学なりのゴールを見極めなくてはならないのですが、それがなかなか設定できず、中途半端な所で止めてしまうというパターンになったりします。

これだけだと独学では無理なのでは、と思われるかもしれませんが、実際にはしっかり学べる人もいます。
そういう方は、余程速読の才能があった、という事になります。
ですので、ほとんどの人はそれにあてはまらないものの、中にはできる人もいる、という事になるのです。