速読方法 > ケータイの速読法

ケータイの速読法

今、10代~20代の若年層が最も文章を読む機会が多いのは、恐らくダントツでケータイのメールではないでしょうか。
友人同士のメールのやり取り、恋人同士のメール、あるいはメールマガジンなど、一日の大半をメールのやり取りで過ごす人もいるくらい、ケータイのメールは日本、そして世界に浸透しきっています。
速読法を極めるという事は、このケータイのメールに関しての速読法をも身につけるという事なのかもしれません。

そんなケータイメールの速読法ですが、基本的にはいかに速く読むか、というよりは、いかに主文を素早く捉えるかということです。
ケータイのメールの特徴として、文章のデコレーションと簡素化が上げられます。
これはチャットや速報性の高い掲示板もそうですが、難しい言葉は使わず、長い文章を打ち込むこともせず、一画面にできるだけ収まるような文章が好ましいとされています。
そんな中で速読法はあまり役立たないように思われますが、そうとは限りません。
いかに速く主文を見つけ、そしてその書いた本人の意図を汲めるか、という事が重要なのです。

メールマガジンの場合は、逆に必要以上に長いことが多いですね。
画面をスライドさせながら読んでいくということに慣れておくことで、速読が可能となります。
画面が動く中で文字を捉えるという能力は、動体視力や空間把握能力が重要となってきます。
センスもありますが、以下に流れていく文章を理解できるかという点においては、文字単位で素早く理解することが重要です。
これはケータイ小説などでも同様のことが言えます。