速読方法 > 速読と日本

速読と日本

今、日本という国は非常に大きな活字離れの波が押し寄せています。
これには明確な理由がいくつもありますが、その中でも特に大きいのは、携帯電話の普及をはじめとした娯楽の多様化です。

1970年代までの日本は、娯楽といえば外で友達と遊ぶか、家で友達と遊ぶか、一人で過ごすかの3択でした。
これ自体は今もほとんど変わりません。
ただ、外で遊ぶという選択肢の中には、自由に使える土地が極端に減った現代よりは、昔の方が多様化されていたかと思います。
しかしその一方、家での遊びや一人で過ごす方法は比較にならないほど現代の方が多くなりました。
80年代にテレビゲームが普及した事で、一気に外で遊ぶ人が減り、同様に読書をする人の数も減りました。
特に、一人で過ごす際の娯楽といえば、それまでは読書だったのですが、ゲーム機の普及によって、その立ち位置は逆転しました。

90年代に入って、家庭用ゲーム機の普及はさらに進み、同時にアミューズメントパークなどのゲームセンターも大きなブームを迎えました。
また、90年代は音楽も非常に大きな流行を生み出し、10代20代の層は読書よりそれらの娯楽に興じました。

そして2000年代。
インターネットと携帯電話の普及により、活字自体から離れる若年層が増えました。
本を読むという習慣が、他の娯楽に埋もれてしまったのです。

そんな中、速読法という技術は、果たして今需要があるのでしょうか?
答えは、YESです。
むしろ今の時代の方が、速読法に対しての需要は高いと言えます。
それは、速読法は様々な面で応用が利くからなのです。