速読方法 > 重要なのは最初の5分

重要なのは最初の5分

速読法における基本は、文字を読む速度そのものにあるでしょう。
それが遅いと、なかなか速読法を身につけることは難しいかもしれません。
その為、最初は文字を読む事そのものに対しての訓練を行う必要があります。

そして同時に、速読法に必要なのは、内容を理解するスピードです。
文字ばかり速く読めても、肝心の中身が頭に入らないようではちょっと問題です。
読書の意義そのものが問われてきます。
文字を速く読むのと同時に、内容を頭の中に入れ、それを理解する速度も問われてくるのです。

では、そういった内容把握力はどうやって身につけるのでしょう。
ひとつの方法としては、最初の5分を有効に利用する事です。
本には、例外もいくつかあるものの、大体構成として「起承転結」というものがありますよね。
ですが、さらにその前に「プロローグ」というものがあります。
あるいは、解説本などの場合は、「最初に」「はじめに」「プレビュー」などという項目があるかと思います。
ここで、まずその本に対しての内容把握を行う事が、速読法の基礎と言えるでしょう。

本の内容を把握する為には、まずその本の特色、テーマ、あるいは文体など、あらゆる情報を入手する事が重要です。
それを行えば、後は中身に集中できます。
この文書はこういうことを言いたいのか、などという理解は、その本の特色やテーマを知る事で、かなり短縮できるのです。
そのためには、最初の5分でどれだけテーマや特色を理解できるかにかかっています。

5分というのは、人間が最も集中できる時間と言えます。
ここでしっかりその本の概要、あるいは訴えたい事、もしくは性質といったものを把握できれば、その後の25分、有意義な読書ができるでしょう。