速読方法 > 速読のデメリット 【依存】

速読のデメリット 【依存】

速読法におけるデメリットは、体力や目の消耗の他にもあります。
それは、依存です。
依存というのはどういうことを指すのでしょう。

速読法というのは、ある程度身につけると驚くほど速く本を読む事ができます。
頭の中に入ってくる活字の理解の速度も格段に増し、読書がこの上なく楽しくなってくるのです。
そうなると、本を読む事が止められなくなります。
最初は一日1時間だった読書が、2時間、3時間と増えていく事に繋がる可能性は高いでしょう。
それが、依存状態です。

では、この状態の何がデメリットなのでしょう。
簡単に言えば、疲労や消耗、あるいは現実逃避の元になるという事です。
速読法は、本を速く読み、その内容をスムーズに理解できるようになる技術です。
体力増強や疲労回復を早めるものではありません。
その為、速読が可能となったからと言って、一日の読書量、読書時間を格段に増やしてしまうと、翌日に大きな影響が出てきます。
それでもなお読書をやめなくなると、学業、仕事に悪影響が出てくることは間違いないでしょう。
寝不足、目のかすみや充血など、目に見えて症状が現れてくるはずです。

また、読書というのは現実から一時離れ、物語の世界に浸るという一面もあります。
この段階であれば、まだ何も問題はありません。
ですが、あまりに本に傾倒しすぎると、現実に帰る事を拒み、本の世界の中だけで生きたいという感情が生まれてきます。
そうなると、現実逃避という状況になってしまうでしょう。