速読方法 > 速読のデメリット 【消耗】

速読のデメリット 【消耗】

速読法は、基本的にはメリットばかりの技術です。
本を速く読む事ができるということは、文章を早く読む事ができ、尚且つ高い集中力を身につけた状態です。
よって、日常生活、仕事、勉強など、あらゆる局面でその効果を発揮する事ができます。

一方、そんな速読法にもデメリットは存在しています。
速読法というのは、非常に体力を消耗する技術なのです。

多くの人が経験した事があるかと思いますが、本を速く読むというのは、非常に疲れます。
体力、精神力共に消耗し、特に目が相当疲れきった状態になります。
慣れないうちは、かなり苦労する事になるでしょう。

この消耗によって、日常生活に影響が出てくるというのが、速読法のデメリットのひとつです。
慣れてしまえば問題はありませんが、慣れるまでの過程においてはどうしても体力を使う事になります。
特に、目の疲れは状況によっては深刻になる場合もあります。
かすみ目やものもらいの原因になる事もあるかもしれません。

そういった状態にならない為には、まず過度な速読と読書量を守る事です。
つまり、無理はしないという事ですね。
慣れるまでは、一日30分程度の訓練でいいかと思います。
そこから徐々に慣らしていけば、極端に疲労することもないでしょう。

速読は、体力や目の疲労と引き換えに本を速く読む技術ではありません。
自然に読むスピードが上がるというものです。
ですから、最初からこなしている気になって速読を行うのではなく、徐々に、少しずつ慣らしていきましょう。